翁の小さな宇宙

明日から、大人になります。

若さ

 

 

今使うべき武器は“若さ”だと思う

 

ノリと勢い、体力と無知、順応と回復


思い出した頃に実感して、感謝して、怖気づくのが若さなんじゃないかな

 

18歳で考察するようなことでもないのだろうけど、置いていくようなもったいない事はしない

 

 

 

プロフィールに自己満足と一言書いておけば、確かにスキもないように思える。


だけど、どうだろう。


自己満足って、なに?自分で分かってる?なぜそれで満たされるのか。はたまたそれで実際に満たされているのか。本当のところはどう?考えずに強くなっちゃ良くないよ。
書き換える?「自己顕示欲によってもたらされた自己満足」に。

 

愛のない批判はそれこそ自己満足であろう

 

 

全ては無駄な言葉、無視して行くべきだ

 

なにせ手に持った武器は“若さ”


強いと思っていたはずの大人達がこぞって欲しがる強さなんだから

 

おそらく若さを持った人には、こんなにもつまらなく何にもならない文章を読む時間はない


画面を見つめるにしても、もっと有意義に使ってほしい

 


身近に思考を変えるほどの影響力を持った人はそう居ないはず


いろんな世界の入口は目の前にある

 

なにかと「一歩踏み出せ」と言うが、一歩じゃあ到底足りない領域に踏み込むほうがいい


初めの一歩を大切にしがちだが、積み重ねた歩みのほうに目を向けていくべきだ

 

 

痛いと言われてもいい


むしろ痛いくらいじゃないと新しいところにはいけない


人が運んできた流れに乗っかるほうが痛いと感じる


流れに乗るなと言いたいわけじゃない


流れなど気にするな、だ

 

置いていくようなもったいない事はしない

 

 

 

 

独り飯を極めよ。

 

どうも、若林じろうです

 

 

みなさん、お昼休み、どう過ごしていますか?

 

私はですね

大学に入学した初めのうちはクラスが同じ人と食べてました

 

だけどいつしか 

「待ち合わせも、席の確保もめんどくせぇ!!!」

 なんて思い始めてしまいましてね

せっかくの大学生活なんだから、自分の時間を大切にしようと決めました

 

これが私が独り飯を始めた理由です

 

 

程々に友達はいるけど付き合いがめんどくさい

ご飯くらいは一人で食べたい

そもそも友達なんていらない

 

そんな人たちに贈ります

 

題して

独り飯のすゝめ 

 

 

f:id:surrealism69:20170719181134j:plain

 

 

独り飯のメリット

 

独りの時間が増える

ご飯を食べ終われば課題をするなり、昼寝をするなりの好きなことができるようになります

 

ご飯を食べない選択肢だってあります

3限が空きコマだったりすれば、静かな環境で食事が楽しめますね!!

 

 

煩わしい人間関係から逃れられる

会話に身がなく、退屈な関係性って入学してからしばらくは続くでしょう

もしかすると4年間そのまま退屈な友達に囲まれたままかもしれません

 

そんな環境ではストレスが溜まってしまいますよ!

 

大して好きでもない友達と食べるご飯の味はきっと最悪です

今すぐ独り飯を始めることを勧めます

 

 

 

独りは恥ずかしいことではない

 

独り飯なんて友達がいなくて寂しい奴がやることだ!」 

 

はいはい、そう思うのもわかります

 

だけど考えてみてください

 

一緒にいて楽しくないと感じているのなら、それは時間の無駄ではないですか?

食べ終わったらすぐに課題をやっておかないとまずくないですか?

トイレに行きたかったとしても、なんか言い難くないですか?

 

 

 

お前のことは誰も気にしていない

 

周りの目を気にして独り飯に踏み込めないでいる人もいると思う

 

そんな人には少し考えてみて欲しい

 

大学は一人ひとり時間割が違っているんだ

独りで行動するのは当たり前ではないか?

 

 

 

イケメンのリア充だって独り

 

僕の周りには、イケメンでサークル入ってワイワイしているようなリア充が 何人かいます

 

彼らには友達が沢山います

放課後、週末はサークルやバイトに勤しんでいます

きっとバイトもウェイ系居酒屋なんでしょう(偏見の塊w)

 

 

しかし、彼らは決まって独り飯

いつだって独り飯

 

なぜなのかをKくん、Hくんの2人に聞いてみました

 

Kくん曰く「んー。ご飯は独りでゆっくり食べたいじゃん?」

満面の笑顔でした

 

Hくん曰く「食べ終わったら、次の講義の予習がしたいから。」

真面目なイケメンでした

 

 

 

総括:ふつうふつう、ちょーふつう

 

実は薄々気付いているだろう

 

大学には独り飯をしている人が沢山いるということに...

そして、社会に出れば独りでご飯も食べられないということは恥であることに...

 

大学生にもなって「何でも友達と一緒」なんてことこそ、少し恥ずかしいと思ったほうがいいですね

 

大学で求められること は自主性、主体性だと言われています

 

後悔の無いよう、自分の好きな道を進みましょう

 

 

 

 

 

 

独り飯を推奨していますが、独り飯以外を否定しているわけではありません。